2013年

1月

21日

国産ペーパーコードとデンマークからのものとの違い

 

おはようございます、家具のお直しgrow-growです。
 

先日、豊岡のアミタ様まで配達の際の記事はご紹介いたしましたが、その際に

 

「ネットで張替えを紹介しているサイトを見ると、国産コードとデンマークから輸入のコードがあるみたいですが、違いは何ですか?」

 

というご質問がありましたので、ここでご紹介させていただきます。
 

当店grow-growで張替えの際使用するペーパーコードはデンマークから輸入されているもの。

 

国産のペーパーコードとの違いはこの通り。
 

より方が違いますよね。それに、太さも違います。国産は4mm、デンマークから輸入のものは3mmです。たった1mmの違いですが、何重にも編んで張っていくので、最終的には仕上がりの本数も違ってきます。

 

材料としては国産の方がずいぶんお安いようなのですが、やはりオリジナル通りに仕上げたいという思いがあり、当店では輸入のものにこだわっています。

 

残念ながら、ブラック(黒)のコードについては現在輸入品は入手不可となっています。黒のコードをご希望の際は、上記のことをご説明した上で、ナチュラル色に変更されるか国産の黒のどちらかを選んでいただくことにしています。
 

ご参考まで。
 

【参考価格】
 ペーパーコードの張り替え 13,000円(材料費込)