2013年

1月

18日

飲食店様の椅子のメンテナンスについて

おはようございます、家具のお直しgrow-growです。
 

飲食店様でご使用になられている椅子について。

 

表面の布地やペーパーコードは張替えを行うことで綺麗になるのですが、案外汚れやすいのが、脚の下の部分。

 

一般のお家と違い、通常靴を履いた状態で座るので脚の下の部分が汚れやすくなってしまいます。

 

以前ペーパーコードの張替えを承ったこのいすは、フレームはオイル塗装になっています。オイル塗装の場合、少しでも水がついてしまった状態でしばらく気づかないでいるとこの通り、塗装が部分的に落ちてしまいます。


飲食店様の場合、汚れが付きやすい環境にあるため、オイル塗装のフレームの管理はとても気を使われるかと思います。
 
ウレタン塗装の場合、汚れを落とすことが比較的簡単ですので、今後も使用していかれることを考えると、ゆくゆくはウレタンに再度塗り直しされることをおすすめしました。ウレタン塗装といってもどういうものか?と思われることでしょう。
 

 

こちらが、オイル塗装とウレタン塗装の違い。

一見写真では分かりにくかと思います。
 
触った時の木肌の肌触りが、オイルの場合やや自然に感じられるという違いがあります。
 

もちろん一般のお宅の椅子もオイル→ウレタンに塗り替え可能です。
 
実際の木肌の違いを見てみたいというご希望の方はお問い合わせください。
 
サンプルをお持ちいたします。